イベントに関わりました

昨年、勤務先が初めて産官学連携イベントをひらいた。企業や勤務先の重役を中心に170名ほどを招待して、研究者がプレゼンをする会。誰にとっても初めての仕事だった。開催まで1か月を切ったタイミングでごろりんとおりてきて、進行管理から台本作成、マニュアルの作成や確認、登壇者との連絡係などなどなど、を、して思ったこと。


大きい案件はゴールが明瞭な方がいい
イメージしているイベントが他にあるのなら、画像動画プロシーディングスウェブページその他で意識付けや擦り合わせをするのが大事。ゴールに向かって設計したい。「共同研究のための素地にする(名刺交換や交流できるような工夫をしよう):名刺の数」とか、「組織に対して新鮮な印象をもってもらう(イメージづくりやプログラム、キャスティング):アンケートの回答」とか、目的を明確にして詳細を詰めていく、成果をはかるのが理想よね、と思った。

新規案件も過去に経験のある業務の組み合わせからなる
言葉どおり。イベントの企画自体は新規かもしれないけど、工程を分割したら大したことないんだと思う。だからちゃんと業務を細分化して落とし込む。それを共有すればたいていできる、はず。業務を洗い出せない、何らかのイベント(学会も含め)に参加したことがない人が多数、だとそうはいかないけれど。

時間のないときは信じてくれる人と信じられる人と思い切り仕事する
そういう関係の上司と先輩がいてよかったな、ということ。組織なので、私から職位の高い方々に否定的なことを言ったり提案したりするのは、通常なら不躾なこと……なんだけど、なりふり構っていられないくらい時間がなかった。私が立場を弁えることよりもイベントで悪い印象を持たれることの方が、組織にとっての不利益が大きいと思っていた。意見を言わせてもらえて、任せてもらえてよかったなと思う。私にコメントやアドバイスくださる方も、面倒事に関わりたくないだろうに助けてくださった。ほんとはもっと職位の高い方が仕切るべきだったんじゃないかと思ったりもする。

下見と試行はほんと大事
初めての会場で初めての企画をするので、今回は下見ができてよかった。全体像を作ってから(施設見取り図や貸出物品を調べて進行表や香盤表を作ってから)、それが実行できるかを確認したほうがいいのかな、と思った。施設を使ったことがあるか、知っているかによって違うだろうけれど。今回は下見のTodoリストを作って、下見参加者に割り当てて細々確認した。動線やレイアウトもだけれど、施設側の非常時の対応によって主催者側の体制やアナウンス内容が変わる、とかもある。

人手は余るくらいでいい
トップとサブが走り回らないのは当然として、準備も当日も、足りないよりは遊びがある方がいい。困ったことも人手があればなんとかなることが結構ある、気がする。ほか、力の面でどうにもならなかったことがあって、男性がいてくださって本当に助かった。(これまで関わっていたフォーラムや学会は少数精鋭というか、慣れた方々が何をお願いしなくても動いてくださって、人が遊ばないし遊びがなくてもできた。恵まれてたんだなあと思う)

利害を明確にして、巻き込まれる人にメリットがある体制に
実施メンバーはさておき、登壇してくださる研究者の方々に得るものがあるように。嫌な思いをしないように。と、思っていた。私ができたのは事務連絡とフォローくらいだけれど。それとは別に、組織にとっての位置づけ、体制やコスト(人員も予算も将来性あれこれ含めて)が明確でないと、なぜその仕事をしなければならないかに納得してもらえない。結果、上司から指示がなくてその仕事をすることが許されない。或いは二度と協力させない、なんてことがあるのだと知った。やらなくちゃいけないことは決まってるんだからみんなで頑張ればいいのにな、組織ってめんどくさいって思ったりした。でもまあ、それが組織の整合性と所掌業務の遂行に必要な手続きなんだろう。


そんなことを思っていました。
まとめると、デザインと共有がとても大切、ということになるのかな。
大変だったけれど、このイベントのおかげでいろんな方とお近づきになれたのが私の得たものです。


運営の参考にしたのはこちら:
ちょうど異動して、この案件がおりてくるとかこないとか囁かれていたころに、くとの先生が以下から始まる一連のツイートをなさってた。ああこれは、と思って準備中に読み返していたし御本も買った(そして上司にも読んでくださいと言って押し付けた)。


ニコニコ学会βのつくりかた―共創するイベントから未来のコミュニティへ

ニコニコ学会βのつくりかた―共創するイベントから未来のコミュニティへ


その他:

  • 進行表は片面印刷が見やすかった。見比べたりばーっとめくって書きかえたりするのに。
  • エストポーチ便利。ベルトの長さ調節でボディバッグにもできるものがよかった。合皮のポーチを、仕事にも出張やお出かけにも使ってる。
  • ストレッチ素材のタイトスカートがきちんと感あり走れて楽。スリット入ってると動きやすい。そもそも夏のフォーマルなパンツを持っていなくて。
  • インカムをつけるときは眼鏡が邪魔になる。斜め前髪を耳にかけて止めるのも邪魔だった。もっと耳が大きければいいのかな。
  • 当日は舞台周りのことと影アナをしていた。上司と相談して、進行に合わせてアナウンス内容を変えたり。自分で台本書いてるんだけど、その場で気付く不備と改善点が多かった… あと、すました声で話しすぎて誰だか認識してもらえなかった。かなしい。

ふりかえって、おじぎを&年のはじめに思うこと(2018-19)

2018年は、長くもがいてきた事柄や通底しているテーマが解れることに一定の手応えを感じた、と思えた年だったように思います。目標と結果は:

  • 健やかに:改善しつつあるので、継続を
  • 今年こそ海外旅行……:9月に台北に旅行、夏のチャレンジでした。12月にアメリカに出張して国際会議でポスター発表しました
  • 知財の資格をとる:とっていません。夏に異動したので、今は業務に役立つように校正の通信教育を受講中。期間内に終えなくちゃ
  • 照準を絞る、したいことする:なんでこんなふわっとしたこと書いてるんだろ。自分は何がしたいのかわからない状態を脱したかったのですが、なかなか難しかったです。したいことを見つけられるように目標を変えるべき

という具合でした。

外部発表は書評1、ポスター発表1(後で書き物も)と少ないのだけれど、職場で勉強会を始め、課を超えたやり取りを多く持てたので割と満足感があります。
海外旅行は目標達成……というか、初夏にアメリカ出張が決まり、渡航経験がないことを知った先輩や上司たちから、何としても夏季休暇を使って海外旅行に行きなさいと言われていました。台北、いいところでした。思い切ってやってみるという経験がいくつかあって、まだ達成感を味わえるんだなあ、と希望を持てました。台湾に行ったとFacebookに投稿したら色々な方が反応してくださったのが嬉しかったな。アメリカ出張は、後押ししてくださった方々のおかげ。行かせてもらえてよかったです。
自分は場に適切な振る舞いをしているのか常に不安なせいで、国や言葉が違っても、コミュニケーションについての感覚は日本にいるのと変わりませんでした。へんなの。それとは別に、英語もっとできるようになりたいと思いました。
https://www.instagram.com/p/BoIidlQn6_K/

学校に勤めていたせいなのか、会議で話さない人の表情が気になって水を向けたくなり、荷重負担や過小評価な人が気になり、バランスがとれていないようなら傾きに向かって動きたくなります。だってみんなが得意なことで力を出せた方がよりよく調和すると思うの、という幼くて傲慢な主張です。それは自分の選択なのだけれど辛い、というときもありました。新しい組織と人々、図書館という業界で、何者かになっていきたい、場所が欲しい、評価されたいという承認欲求に基づくものである一方、帰属意識を持つことが苦手なので、なんだかずっと孤独感があります(何言ってるんでしょうね)。ここ2-3年は、終わらない業務の傍らでそんなことをもやもやと抱えていました。
それががらりと変わることはないのですが、同僚や先輩を信頼し、私もたぶん応えているだろうと思う瞬間があったり、あなたを見ている・一緒に頑張りましょうといった趣旨の言葉をかけていただく機会があったりして、毎日がそれほど重くなくなってきました。視界や感じ方、欲しいものも少し変わってきました。こんなふうに変わること、変化に自覚的になることもあるのだな、と我ながら不思議な気持ちです。

2018年後半は、新しい方との出会いや従前のお知り合いとより親しくさせていただく機会がありました。今お話できてよかったー! と思うことも多く、感謝ばかりです。
そうやって出会った方から、ご本人は意識してらっしゃらずとも、教わるヒントや考え方を試していこうと思っていますし、試しています。影響を与えたり受けたり、人との相互作用みたいなものと変化を大切にしていきたいな、と。「けもなれ」は最後の3話だけ見たのですが、9話で晶が、日々の人との関わり・触れ合いの1つ1つを大切にしていけば、1人だけれど他者と生きている*1……というようなことを言っていて、そんな感じです。毎年夏には何か新しいことをすると決めているのですが、それとは別に、日常的に、何か新しいこと・違うこと・いいと思うことをして、変化を楽しみ、したいことを探していきたいと思っています。

2018年に買ってよかったのは、毎日が楽しく・楽になるもの、普段と違うもの。香水、ピアスを増やしたこと、洗髪をクレンジングクリームにしたらつやつやで手触りよくなったこと、毛先にパーマをかけたら気分が変わったこと、緑・黄色・ベージュやタイトスカートみたいに避けていたものを身につけたら意外としっくり心地よく褒めてもらえたこと、流行りにのって買い*2、続けているキューピーコーワゴールドα-プラスなど。毎春に新調してお守りみたいにつけている"今年のブレスレット"はいいことがあるようにすずらんモチーフの華奢なものにしました。大きな買い物をする元気はなくても、日々使うものが気に入っていると少し浮上できるかも、と思いました。
https://www.instagram.com/p/Bhs1doWja8s/

今の感覚は地続きだと思うので、引き続き他者に寄り添って、コリコリとした自分を見直していきたいと思います。迷い揺らぐことを受け入れて、ああわたし揺れているなあと思って過ごせるようになりたい、とも。

  • 心身の健康
  • 音楽かお芝居かおいしいごはんのために出かける
  • 何か違うものを選ぶ
  • 英語!
  • 資格をとる(気の向くものならそれでいいってことにしよう)
  • データのあれこれをやり遂げる

というのが2019年の目標です。
周囲に、人のいてくださることのありがたさを思ってやっていきたいです。倦んだり驕ったり投げたりしたくなってもそうせずに、人と関わり合うことを大切にしていられるように。もっと笑えるように。
関わってくださってありがとうございました。改めてよろしくお願いいたします。

年のはじめに思うこと(2018年) - まだ書きさしの
2018年のはんぶん - まだ書きさしの
2018年のもうはんぶん - まだ書きさしの

*1:探した範囲でこんなセリフ:1人なのかな? 例えば今は2人、私と朱里さん。さっきは3人でビールを飲んだ。お母さんじゃないけどお母さんみたいな人と「また飲もう」って約束した。会社の同僚と仕事のことで一緒になって喜んで、女同士で1000回のハグ。この前は飲み友達の部屋で夜通しゲームして、朝のコーヒーを飲んだ。そういう1つ1つを大事にして行ったら生きていけるんじゃないかな。1人じゃない…んじゃないかな。

*2:ツイートしてくださったちくさんありがとう、と思っていたらご本人もブログに書いてらした。今年よかったもの(2018年)|竹林ミ來|note

2018年のもうはんぶん

さしあたり記録を。

7月
異動して資料の刊行やその著作権の担当になり、兼務もついた
名刺発注してたので箱ごと処分(というくらい寝耳に水だった)
定期勉強会スタート

8月
産学連携イベントで"ロジ"をした
時間なくて大変だったことと優しくしてもらったことだけ覚えてる

9月
図書館実習生さん受け入れ
台北に旅行した
内藤 礼さんの展示がとてもよかった

10月
メインのお仕事校了1/2、怒濤の日々だった
クリティカルな案件発掘して震えた
図書館総合展で研究データのことをお兄様お姉様に訴えたり、焼き鳥食べたりした
メンター制度を使ってみることに

11月
JNLC連絡会で元気貰えた、NIMSの谷藤さんは本当にかっこいい
何の仕事をしていたかは覚えてる、あと出かけて歩いてお話したことも

12月
Twentieth International Conference on Grey Literatureでポスター発表、初めての海外出張・国際会議
合コンなるものを経験、お仕事でピッチコンテストのサポート
出版社さんがご来訪くださって、お話
校了2/2
年末に、すこし贅沢にすごした

https://www.instagram.com/p/BoQXr_dHBPm/


お誕生日も連休もクリスマスも年末年始も、日付としては認識しているけれどイベントとしては全く。勤務日数変わるから進行管理や会議の調整どうしようなんてことを考えてた。万事その調子で、何の仕事していたかは覚えているけれど詳細と日常は不明というかんじ。とはいえ、「覚えていない」上半期よりは気持ちに余裕ができた…かなあ。異動して、上司に相談しやすい体制になったこと、業務が変わって編集や著作権処理がメインになったことが理由だと思う。毎日原稿を読んで確認して朱入れて…という仕事なので、よく眠って心身をある程度平坦に保たなければ、と強く思うようになった。保つことを意識しつつ、与えられたことだけをするのは気持ち悪くて、ここでは何ができる・何をしようかと(まあやっぱり)浮き沈みしながら考えている。
特に業務関連で、様々な方にお会いした。ただ仕事するだけじゃなく、すこし親しくしてくださってる方もいる。これまでご一緒してきた方とも、より話したり考えたり助けて貰ったり。この方のおかげでこの仕事ができた、と思うことが多かった。ひとりじゃなかった。ありがたい。


お芝居、ライブ、何かの公演に出かけたいけれど、余裕がなかった。来年は行きたいな。本も、同じものを繰り返し読むことが多くなっていて、新しくはそれほど。「ニコニコ学会βのつくりかた」は産学連携イベント業務がおろされる頃に、くとの先生がツイートしてらしたのがきっかけで読むことに。参考になった。「アイヴォリー」という児童小説がなんとなく好きで、仕事で区切りがついたご褒美に、少し高くなっていた復刻版を購入して愛でていた。短歌は「ちるとしふと」がよかった。私のこぼしてきたものたちをすっとすくって言葉にしてもらったみたい。

ニコニコ学会βのつくりかた―共創するイベントから未来のコミュニティへ

ニコニコ学会βのつくりかた―共創するイベントから未来のコミュニティへ

アイヴォリー

アイヴォリー

ちるとしふと (新鋭短歌シリーズ39)

ちるとしふと (新鋭短歌シリーズ39)


なんだか自分じゃないみたい、は継続。なんでこんなふうに話してるのかしら、こんな声出して笑ってるんだろ、あれ今楽しいんだけれどちゃんと笑顔なのかな(だから私と遊んでくださる人、笑ってなくても楽しんでますごめんなさい)と思う瞬間がある。でも休日に、出かけなくちゃと重い腰上げて着替えてメイクして道を歩き始めて、やっぱり無理帰ろう…というのは減った。この調子で開いていきたい。

大きな案件も始まってる。自分のできることを模索して、ちゃんとやっていきたいなーと思う。