年のはじめに思うこと(2018年)

年末に、来年どうしたい? と訊かれて迷わず「健康になりたい」と答えました。

心身、健やかでありたいです。

健やかであること、それが、どんな場合にも大切で、ことに、病気をしていても健やかであり続けることは、大きな広い場につづく道があることを約束している予感が、しきりにする。

桜花の記憶 (河野裕子エッセイ・コレクション)

 

継続案件は旅行。

資格は、毎年何かしらとりたいと思っています。転職活動期間の焦燥感が忘れられないのと、こんなにあれこれ求められているときに何もしないで安穏とすることが不安、で。

仕事は昨年蒔いた種を育てること、担当業務の本質を考える、利用者さんに向かうことを大切にしたいです。昨年は内外から見て適正にする・よくすることを意識して、内向きだったなと反省しています。自分が何をしたいのか、できるのか、というのも懸案。中長期的な自分の構築に向き合わねばと思っています。とりあえず、うらやましいなと思ったらしたいことリストに入れる、くらいで貪欲に。

昨年がどうしてしんどかったのか、と考えたとき、大事にしたいものを大事にできていなかったんじゃないかしらと思いました。大丈夫できる、頑張る、って唱えつつ、ほんとはこうしたかった何かを握り潰したり、身の丈を外れたりしたから苦しいのかな、と。そういうことを今年はなるべく少なくしていきたいと思います(できるんやろか)。

  • 健やかに
  • 今年こそ海外旅行……
  • 知財の資格をとる
  • 照準を絞る、したいことする

 

年賀状で嬉しい報告をいただきました。高校教員だったときに古典を担当していた子が、春から国語の教員になるそうです。図書館でお勤めしている子もいます。半端に辞めてしまった私が、あの頃担当していた子たちの「いま」を知ることができることに感謝。なにかしらつながっていくことに感謝。

私も誰かのつながりの一端でいられるように。

投げたり倦んだり驕ったりせず、真摯に丁寧に。

 

今年もよろしくお願いいたします。

2017年、ふりかえって、おじぎを。

何もしてない・できなかった、という気持ちがとても強くて、あんなに苦しくてあんなに長いこと職場にいたのに毎日しとったんやろ、って思っています。
今年の目標の星取表はあんまり……全然ダメ。検索技術者検定3級。英語はどうにもならなかった。アウトプットはなし(依頼は頂戴しました、感謝)。ためらわずに言葉にし(てかちょーを困らせ)た。ひとりで海外ではなく熱海旅行した。暮らしは荒廃した。

仕事では、市場化テスト。これに尽きます。1月のキックオフから12月の官民競争入札等監視委員会・公告まで、途切れなく何かしらありました。契約担当との調整含め、メインで市場化を回しながらルーチンとその他エクストラな案件をさばくというかんじ。市場化への各人の理解と取り組みはもちろん様々で"チーム"になるのは難しく、孤独だと感じる瞬間も多く。体もだけれど気持ちが疲れたという印象が強いです。実施要項作成の際に、前職でプロポに参加したことと、企画書・見積書を作成したこと、それから試験問題を作った経験が役立ちました。何がいきるかわからないものです。収集・整理・提供に関する業務の詳細を把握した(せねばならなかった)、業務の切出しと適正な受発注管理を考える契機になった、メンバーの為人をこれまでよりも感じた、のが収穫かな。。この件はチャンスがあればアウトプットしたいです。

今年気をつけていたことは、よっつくらい。
1、課内の状況共有。職員1人に1つの業務がついていて(係はなくなったので事実上1人で1係長みたいな構図)共同の業務がほぼないのです。スケジュールや大変さを共有して、少しずつ境目をマーブルカラーにしたいなと思って。
2、手続きの適正化。慣習の踏襲ではなく、規定類や諸制度と見合わせて適正に/よりよくなるように。仕様書を見直したり、手続きを変えたり、予算を執行する行為につながる調査の時期やフォーマットを調整・修正したりしてました。
3、コスト意識と分担。管理職の仕事、職員の仕事、派遣請負アルバイトさんにお願いしてよいこと……誰がこれをすべきかを考えて、任せられることは任せる。去年は初めてだしまず自分で、と思っていたけれど、今年は市場化もあるし全部は到底できない、恃みにしよう、管理職がマネジメントに集中できるようになればいいな、課のしんどい仕事はみんなでしましょう、と。どれだけできたかわからないけれど。
4、協力者に光を当てる。2や3は色々な立場で業務してくださる方々のおかげ。~は○○さんに調査/相談/処理してもらいました、だとか、アンケートしたらお褒めの言葉をいただきました、ありがとうございます! だとか、意識的に言ってました。収集・整理担当とシステム担当の方が先回りして細かい業務に手を伸ばしてくださったことが助かった。淡々ときっちりお仕事してくださる方々がいるから成り立つ種々の業務があって、本当にありがたかった年でした。

態度のおおきな2年目ですね……。1年を通して隙あらば訴えていたのが人員不足、目録とシステムの検討。部のWGメンバーになったこと、検査や市場化で部の内外に知り合いができたのがよかったです。夏頃から妙な覚悟が決まって、他部署との折衝も決断もためらわなくなりました。ためらう余裕なんて与えられなかったともいうけど。
起きて着替えてメイクして、体を職場に運ぶ(片道2キロ弱徒歩)と手が勝手に動いていました。具合悪くても仕事をしているとお昼休憩には気が紛れていました。とはいえ、よく泣いたこと、泣き言を聞いてもらったことに変わりはありません。泣き言のなかみに発展がみられないと言われたのは反省しています。

1月

各拠点の図書担当向け実務者研修会を主催。事務職の方々に混ざって担当理事との意見交換会に出席。他の人が何を思って業務しているか伺えた。とてもできる方とお知り合いになれて刺激をいただき、選抜されてよかった。
ARGの全体会に参加、大学時代の後輩と10年ぶりくらいに再会、ふじたさんとパスタ、やまねえといわき。以前の繋がりとぶわっと出会えた回帰の時間。
https://www.instagram.com/p/BP2BeKoBrBe/

2月

パスポート受取。SPARC Japanセミナーは自機関への不安と憂鬱でいっぱいに。バレンタインデーをすっかり忘れてた。JNLC連絡会。エイラシリーズ[*1]を20年ぶりに再読。知識と学びと創意工夫によって人生を切り拓く女性の姿、力を貰える。読了してラスコー展春日大社 千年の至宝展。部の英語版パンフレット作成でとても時間を使う。SNSで顔出ししてないのにパンフの表紙になって[*2]AAASで配られた。。2度めの会計実地検査。ぼくりりとパスピエを聞きながら出勤(ここから3か月くらい)。

ぼくのりりっくのぼうよみ - 「Sunrise(re-build)」ミュージックビデオ

3月

検査の宿題対応。部のWG大混乱。法人文書監査、内部委員会、他機関との意見交換会主催。相互利用方針策定、評価の調査協力。福岡でCATのお話を聞くはずが、申し訳なかったけれどキャンセルしました。限界でした。テキストメッセージでお話聞いていただけて感謝。梅まつり、今年は転ばなかった。
https://www.instagram.com/p/BRQPqgrD2Ol/

4月

毎日のおまもりにオパールのブレスレット。部の5か年計画に意見が採用された。WG業務の混乱は継続。3月の狂乱の日々からはひと息つけたけれど、状況は変わらず。通勤の道すがら雪柳を探すというあそび。友人とご飯、夜桜を見に連れてってもらう。シャワーヘッドが折れた[*3]。
https://www.instagram.com/p/BTN4WS6jkeV/

5月

WG業務の混乱が続く。市場化の打合せのために休暇をとれず、祖父が入院していたのに帰省が叶わなくてやさぐれてた。友人とご飯してお仕事の話。若者とカレー。Aviの脱退を知ってPentatonixのライブへ。Pentatonixは転職活動中からずうっと聞いている。

[Official Video] Sing – Pentatonix

[OFFICIAL VIDEO] Imagine - Pentatonix

6月

JNLC連絡会。組織で事故。相談を持ち掛けられて肝を冷やす。懸案だった部のウェブサイトと外部用OPACリリース。補助金額の確定検査。なぜ何もかもあなたが担当なのか、と言われながらもちょっとずつ業務手続き改善。上司はいなくなったけれどお外に仲間ができたのだ、とおもう。寮で私の部屋だけガスが停止、お風呂に入れなくなる(調理はIH、ガスは給湯のみ)。割とよく泣きながら帰る。
https://www.instagram.com/p/BVd7_CwjsDC/

7月

人事部主催の知財著作権講座、CCライセンスが全く触れられていないことがわかったので資料大改訂して話した。図書館のメルマガで「reserchmapとORCID登録のススメ」を書き、担当して初めて、記事に反響(問合せ)のお電話をいただく。おじさまとごはん。ようこそ姪っ子ちゃん。市場化の情報収集で他館見学、総務省に実施要項提出。外国雑誌のアンケートにSCREAL簡易版を加えることに了解を得る。unnies[*4]の女優、アイドルや芸人さんが奮闘するのに励まされてた。

뮤직뱅크 Music Bank - 맞지? - 언니쓰 (Right? - Unnies).20170512

8月

播磨出張。大学時代の友人と会う。市場化も雑誌業務も繁忙。休暇をとるのを忘れて友人との約束をすっぽかす。普通に出勤して仕事していたから約束していたことに気付くのにも時間がかかって、ごめん以外の言葉がないですごめんなさい。不定愁訴も増えて、あれちょっとまずいかもって思い始めた頃。ターコイズのピアス購入。帰省、おでかけ。マゼンタのロングスカートをうきうき着てたら、ハワイにでも行くのか・民族衣装なのかと突っ込まれた。唐十郎ジャガーの眼」観劇。2017年のお芝居はこの1作のみ。どこか遠くに行きたかったらしい。

パスピエ - スーパーカー, PASSEPIED - SUPERCAR

9月

ひとりで熱海。そういえばひとり旅ってしたことなかったかも、ということで夏の新しいことは完全にひとりの旅行。金色夜叉金色夜叉!! と内心で地味な盛り上がりをし、久しぶりに海を見た。熱海市立図書館の分類、913.6はfictionのFをつけてまとめるなど独特。いちばんおいしかったのはふかしたてのお饅頭。
職場の歯科検診でものすごくほめてもらった(一度も虫歯になったことないのです)。庶務のアルバイトさん欠員。規程の見直し、いつのまにか学生実習受入の主担当、他機関との協議会、入札監理小委員会。NIIで研究データに関する講演を聴講。NDL遠隔研修を3講座修了。夏休みはとり切れず残した。
f:id:ivory_rene:20170923201852j:plain

10月

あまり記憶にない。お誕生日も忘れてた。自分のうなされる声で起きたり、夢見て汗びっしょりだったらしい。そんななかで見た「ミックス」は元気出た。ガッキーさんかわいいからかわいいおんなのこをフォローするインスタアカウントをつくった。庶務のアルバイトさん着任・他拠点のアルバイトさん欠員、穴埋め開始(年内は補充ならず)。外国雑誌は内部委員会・円安に苦しみつつ予算調整・見積合わせになぜか難航・文書を数本発信して発注。他館との相互協力打合せ、人材の契約手続き。市場化は小委員会後の修正を終えてパブコメ。仕事が辛すぎて契約担当の方を好きだと思いこむことにしていた。協定限度時間の上限まで超勤。ガス停止、再び。だいたい体調の悪い時に水難が重なってる。
「後援会」なるものをつくっていただいた。ありがたや。

「ミックス。」予告

11月

間隙を縫ってNDLからの図書館総合展。1は視点のひろがり。2はCHORUS、出版社によるOAの力強さ。お手伝いを申し出たら進行と会場担当とマイクランナーになった。3、4は研究データのことももちろんだけれど、講師陣がふだん何を考えて大切にして取り組んでいるか伺えたのがよかった。5は私もしたいわたしも!! 6はARGの面々とお話したくなった。ひげさんや岡野先生やARG、会いたい方々に出会えてちょっとチャージ。吐血さんとのご飯が楽しかった。「なぜ強くなりたいのか、仕事とプライベートは別。仕事が大変だからと言って自分が強くなる必要はあるのか」と言っていただいたのはじわじわと。
外国雑誌手続き継続、取りこぼしを必死で拾う。年間契約の手続きに追われつつ、官民競争入札等監理委員会。友人とご飯してお仕事の話。転んですりむいて絆創膏にかぶれて、膝は真っ赤で真ん中にクレーターができた。足や手もだけれど心が痛かった。その翌日に検索技術者検定3級受験(合格)。お兄さんとランチしてお茶。
1.E1983 - 「デジタルアーカイブ」と「研究データ」の出会い<報告> | カレントアウェアネス・ポータル
2.雑誌論文利用環境改善の国際プロジェクトについて | 図書館総合展
3.「次世代リポジトリ」を考えよう | 図書館総合展
4.あなたもなれる「データライブラリアン」 | 図書館総合展
5.書誌の未来:クラウドソーシングで繋ぐ・溶かす | 図書館総合展
6.市民交流と産業創造の拠点づくり ~街づくりに活かした図書館及び書店とは~ | 図書館総合展

12月

他機関との意見交換会。市場化は公告・入札説明会、暗雲。外国雑誌は契約の報告と利用依頼の文書を発信してみた(初かな)。メルマガ好評。位置情報管理サービスの実証実験に協力することに。たぶん研究機関では珍しい、MeL試読開始。おじさまとごはん。職場の厚生行事の頭数合わせで20年ぶりくらいにボウリング、女性ハンデ20ポイント加算されても1ゲーム60点ちょっとしかとれなかった。クリスマスを忘れてた。すべって尻餅ついた。自分が保身にはしっていることや仕事の将来像をおもってPentatonix聞きながらカフェで泣いた。gaccoでJPCOARのオープンサイエンス時代の研究データ管理受講。帰省しておでかけ。

[OFFICIAL VIDEO] Can’t Help Falling in Love – Pentatonix

買ってよかったものはトリプトファン。iHerbなる海外通販サイトで知って、12月頃から試してます。就寝前に服用すると寝つきがよくなって夜中に起きることが少し減った。夏の終わり頃から寝つきと夢見の悪さと早朝覚醒に拍車がかかって、その他いろいろな不定愁訴もiHerbのサプリメントで何とかしようとする。まあ、当然、無理だった。

オパールのブレスレット、ターコイズのピアスはおまもり。しあわせなおでかけも、シビアな会に出席したときも、一緒でした。今年は紺色や灰、青、深緑の服が多くて、ちょっとだけレモンイエローみたいな明るい色。守りに入ってたなー。
本は余り読まなかったけれど、狂うひとがよかった。
狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ

狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ

短歌ではこの方の視点やもどかしさがすき。
青を泳ぐ。 新鋭短歌シリーズ

青を泳ぐ。 新鋭短歌シリーズ

職場の方々も、経験が少ないのに私を信用してくださっていて有難い。ほんとはもっとできないといけないのだけれど、今年はもう精いっぱいでした。次はもう少しなんとか。
おにーさまおねーさま方には陰日向に助けていただきチャンスをいただいています。些細でも、私からお返しできるようにしたいと思っています。
そして泣き言を呆れず聞いて、お前生きてるかちゃんとやれ、と言ってくださる方がいるからなんとかいられたんだろうなと思います。
孤独に思うことも多いけれど、でも、どんなこともひとりでしてなんていないのです。それを忘れないように。
みなさま、ありがとうございます。振り返っておじぎを。

*1:ネアンデルタール人に育てられたクロマニョン人の孤児エイラの成長の物語。

*2:更に部のウェブサイトに掲載されるという切なさ。

*3:私の力で折ったのではなく、前の住人がボンドでとめていたのが消耗により折れたのです、という言い訳。

*4:バラエティ発のガールズグループとのこと。「お姉さんたちのスラムダンク2」Unnies、音楽配信チャート1位を総なめ…宣言通り15日に公約実行 - MUSIC - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

人材需給ワーキンググループ取りまとめ(案)の公表

文部科学省より2017年5月22日付の「理工系人材育成に関する産学官円卓会議人材需給ワーキンググループ(第3回)配付資料」で「人材需給ワーキンググループ取りまとめ(案)」が公開されました。


上記ワーキンググループは2017年8月策定の「理工系人材育成に関する産学官行動計画」に基づいて産業界のニーズ調査、調査に基づく議論、対応策を検討してきたとのこと。

調査結果の概要は以下のとおり。

  • 機械、電気、土木、ITなどの分野の企業ニーズが高い
  • 分子生物学、生体システムの分野は企業ニーズは低いが研究者の数が多い
  • なかでも特にAI等の成長を支える数理・情報技術分野の人材が将来圧倒的に不足すると指摘されている→重点分野とする

これらに基づく対応策『「産業界ニーズと高等教育のマッチング方策、専門教育の充実」の実行に向けた対応策』が3点4項目でまとめられています。

(1)産業界のニーズの実態に係る調査に基づく需給マッチング
 ①人材需給マッチングを推進するための仕組みの構築
 ②社会ニーズに対応する教育環境の整備
(2)産業界が求める理工系人材のスキルの見える化、採用活動における当該スキルの有無の評価
(3)産業界のニーズを踏まえたカリキュラムの提供
 ①大学等における社会人の学び直しの促進
 ②未来の産業創造・社会変革に対応した人材育成

議事録と配付資料をざっと読んで気になったいくつかをメモ。
(2)でMOOCが挙げられていること。
議論でも学び直しのことが触れられていて、仕事をしながらの学びやキャリア*1のはなしに。MOOCの位置づけや現状はまだ見えていないんだなーというのも、むーくむーく言っていた身としてはもやもやします。まだこれからなんだなあ。

即戦力ってなんだというはなし。
研究職、技術職の切り分けと育成や、何なら即戦力というのかの切り分けの議論が興味深いです。共同研究を通じた人材育成の図表を(大学-企業-内容)眺めているのもおもしろく。

こういうところに、研究機関はどうかかわっていけるのかなあっておもったので、備忘のために。

Ref.

*1:「今自分がずっと会社に残っていて,あまり会社に迷惑をかけずに勉強する方法というのがもっと議論されてもいいなと思っています」っていうのはどうなんだろうと思いつつ。