読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人材需給ワーキンググループ取りまとめ(案)の公表

文部科学省より2017年5月22日付の「理工系人材育成に関する産学官円卓会議人材需給ワーキンググループ(第3回)配付資料」で「人材需給ワーキンググループ取りまとめ(案)」が公開されました。


上記ワーキンググループは2017年8月策定の「理工系人材育成に関する産学官行動計画」に基づいて産業界のニーズ調査、調査に基づく議論、対応策を検討してきたとのこと。

調査結果の概要は以下のとおり。

  • 機械、電気、土木、ITなどの分野の企業ニーズが高い
  • 分子生物学、生体システムの分野は企業ニーズは低いが研究者の数が多い
  • なかでも特にAI等の成長を支える数理・情報技術分野の人材が将来圧倒的に不足すると指摘されている→重点分野とする

これらに基づく対応策『「産業界ニーズと高等教育のマッチング方策、専門教育の充実」の実行に向けた対応策』が3点4項目でまとめられています。

(1)産業界のニーズの実態に係る調査に基づく需給マッチング
 ①人材需給マッチングを推進するための仕組みの構築
 ②社会ニーズに対応する教育環境の整備
(2)産業界が求める理工系人材のスキルの見える化、採用活動における当該スキルの有無の評価
(3)産業界のニーズを踏まえたカリキュラムの提供
 ①大学等における社会人の学び直しの促進
 ②未来の産業創造・社会変革に対応した人材育成

議事録と配付資料をざっと読んで気になったいくつかをメモ。
(2)でMOOCが挙げられていること。
議論でも学び直しのことが触れられていて、仕事をしながらの学びやキャリア*1のはなしに。MOOCの位置づけや現状はまだ見えていないんだなーというのも、むーくむーく言っていた身としてはもやもやします。まだこれからなんだなあ。

即戦力ってなんだというはなし。
研究職、技術職の切り分けと育成や、何なら即戦力というのかの切り分けの議論が興味深いです。共同研究を通じた人材育成の図表を(大学-企業-内容)眺めているのもおもしろく。

こういうところに、研究機関はどうかかわっていけるのかなあっておもったので、備忘のために。

Ref.

*1:「今自分がずっと会社に残っていて,あまり会社に迷惑をかけずに勉強する方法というのがもっと議論されてもいいなと思っています」っていうのはどうなんだろうと思いつつ。

大学等における産学連携等実施状況(H27)の公表

文部科学省より2017年1月13日付で公表されました。

以下3点が概要として紹介されています。

1.民間企業との共同研究費受入額が初めて450億円を超える
2.民間企業からの受託研究費受入額3年連続で100億円を超える
3.特許権実施等収入額が初めて25億円を超える

まだざっとしか見ていないのですが、簡単に思ったことを。
共同研究、受託研究では件数・額ともにほぼ右肩あがり。
特許の出願件数は近年微減、保有件数は毎年伸び。収入額とランニングロイヤリティは増減しつつ上がり。
産学連携のルール整備、リスクマネジメントは進みつつあるけれどまだまだこれからといったかんじ。
大学発ベンチャー設立件数がここ2年で盛り返しているのが意外でした。

特許の出願件数が下がりつつ収入が伸びているということは、出願するものを精査して実施に結びつくものを選んでいるのだろう(当たり前ですが)と想像します。何を基準にして選択しているんだろうなあ、と。
「地域社会との産学連携」というランキングが興味深かったです。

こんなお知らせも出ています。

備忘のために。

年のはじめに思うこと(2017年)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は甥っ子とともに、それなりに翻弄されてすごしました。大人だけのお正月は落ち着きと慣れがあって居心地いいけれど、子どものくれるエネルギーや無条件の信頼、笑顔は代えがたいなあと思います。高校教員のときも、ここにいる生徒たちはどの子も慈しまれて育ったんだろうと想像していました。でも実際に小さい人が近くにいると、また感じ方が変わるものですね。

そして今ご一緒している大人たちも、こうやって育ったのだと思うと得も言われぬ気持ちになったり、かけがえのないいとおしいひとだと思ったり。なんだかそんなことを考えていました。ひとを大事にしたいな、と思ったお正月です。

 

2016年は業務しとりあえずぶつかりながら課題を見つけたような気がします。次は解決のための方策やスケジュールを練って具体化したいです。複数人で分担して働くって現職が久々で(ある意味初めてかも)、誰にどこまで頼んでいいのか困っていたけど、依頼することは信じて恃みにし任せることだと思うので、丸投げじゃなくお願いしていこうと思っています。様々な立場や経緯、経験をもって働いてくださっている方々が、少しでも気持ちよく安心して、できれば長く一緒に働いてほしいと思っています。できる限りのことを。

本当になるかわからないけれど大がかりな見直しの端緒、決まっている大がかりな審査?もあるので、業務はルーチンをおろそかにせずプラスαができるように。

2016年の年末に"Do your own job !!"って言われました。他の機会にも、できるのとするのは違うのだ(意訳)と言われたりもしました。私の全てを投げ出して力技で仕上げることと、組織としてうまくやることは多分違うのだろうと思います。組織としての持続可能性みたいなものを考えねば。

 

私はとても我儘なので、自分の経験や自分の業績でないことを発表したり論文にしたりすることは極力避けたいと思っています。業務のなかで課題を見つけて考えていくこと、をしたいです。これは変わらないテーマ。

プライベートは、取り乱さない・生活を楽しむ・自分を大事に。

 

  • 知財(または図書館)関連の資格をとる[*1]
  • 英語をもう少しどうにか……
  • アウトプットをする
  • ためらわずに言葉にする(寝かせていいことなんてあまりない)
  • ひとりで海外旅行[*2]
  • 暮らしを大切に

 

人を大事に、感謝を忘れず、地に足をつけてやっていくこと。 

チャンスは逃さずつかまえること。 

嬉しいことやすきなこと、ありがとうを伝えること。

 

そんなかんじです。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

https://www.instagram.com/p/BOtDolABeKg/氏神さんにて)

 

*1:使わないと忘れてしまいそう&アップデートしておきたい。

*2:現時点では海外旅行歴なし、パスポート未申請……