委託事業の報告書を探すとき

「省庁による委託研究の報告書を探している」という調査依頼を内外から時折受けていました。
原子力関連分野に特有の部分もあるでしょうけれど、私なりの探し方を書いておきます。公刊資料でないから探しにくくて、勤務先でも皆の調査結果を併せて回答していました。


書誌情報(主にタイトルや著者)やざっと検索した結果から委託事業の報告書だとあたりをつける。

自機関のOPAC、NDLのOPACINIS Repository*1、念のためCiNii Booksを検索する。
ここまでで見つかったら所蔵情報やサービスの利用方法を提供。

機関によっては情報開示のため委託事業の成果報告書を機関のwebページに掲載していることがある。みつからないときは委託元のwebサイトを検索。
ヒットしないときは旧組織の情報が参考になるため、WARPから探すのがよい。

ということでWARPを検索するとき:

  • ざくっと検索して数百件程度なら書誌情報を流し見る
  • それらしい情報を探し、必要に応じて検索語を詳細にして(数百件になるように)絞り込む
  • 委託調査は複数年の研究契約であることが多く、毎年「平成○年度○○調査研究に関する報告書」が刊行されていたりするので、発行年などから探す

WARPにある旧組織のwebページ情報に求める報告書の全文が保存されていることもある。見つかったらWARPの情報をご案内。

原子力関連分野の場合、原子力安全基盤機構(JNES)原子力ライブラリの所蔵情報がWARPに保存されている。JNESは委託事業の報告書も多数所蔵していたように見受けられる。

  • JNES原子力ライブラリの所蔵情報は ①所蔵情報しかないもの ②所蔵情報のなかに全文PDFファイルへのリンクがあるもの の2とおりがある。
  • ①利用者にはWARPに保存された所蔵情報と、後継組織の原子力規制委員会原子力関係資料閲覧室の利用案内をご案内
  • ②はラッキー! ご覧になれますよとご案内

いずれの場合も、情報を提供する際に「複製、転載、引用等は委託元の承認が必要ですのでご注意ください」と添える。


上記の方法でも見つからないときは、委託元機関に照会することになる。
WARPを検索すると委託による調査研究事業リストがヒットすることもある。このとき、たいてい担当部署名がわかる。ということで、委託元機関に照会するときにちょっと詳しい情報を添えることができる。

というかんじ*2。粗々ですが、WARPで探すよ! というところまでは原子力関連分野以外でも使えるのではないかしら、と勝手に思っています。他分野の調査依頼は受けてないから憶測ですけれども。

*1:International Nuclear Information System。IAEAが中心となり、参加国・機関の協力のもとに運営されている原子力分野の文献情報データベース。書誌情報だけでなく、レポートや会議録等の非市販資料は全文が提供されている。日本のナショナルセンターJAEA

*2:勤務先の内部の方から調査依頼があって調べたら、受託先が内部の他部署だったという場合もあった。

2018年のはんぶん

今年も半分過ぎ、でも、あんまり記憶がないことに焦る。日記をつけていても日記の用を果たしていない。2月くらいからちょっとおかしいなーって自覚はあったのだけれども。ということで、断片的な記録を。

1月
位置情報測定サービスの実証実験に協力
取引先の書店さんが突然の廃業予告、奔走
検索技術者検定3級受かった
細かいことは覚えてない

2月
電子ブックの試読結果がよくて書店さんにほめられた
人に関わることは後悔しかなくてずっとつらい
イベント3つくらいしてた
派遣契約が2件とも不調、奔走
素晴らしい本、「はじめての電子ジャーナル管理」の書評を書かせていただいた
『はじめての電子ジャーナル管理』保坂睦著
他の方のもっとすてきな書評…!
図書館員の本棚 : はじめての電子ジャーナル管理 - 九大コレクション | 九州大学附属図書館
《新刊紹介》保坂睦 著『はじめての電子ジャーナル管理』

3月
あまり記憶がない
お休みをとって東京散歩、幸せだった
友人の結婚式、久しぶりの合唱とおしゃべり
2-3月で総務省の情報システム統一研修を遠隔受講、修了

4月
上司が変わった
大きな組織改編があってシステムと財務会計まわりがばたついた
あとは覚えていない

5月
覚えていない

6月
外部機関の研修講師をさせていただく
監査、某検査、JNLC連絡会、異動の内示

木蓮の開花が早いなあと思っていたらあっという間に桜も咲いていた。実家の庭の雪柳がとても好きで、今の住まい近くにはどこで見つけられるか毎年探している。気づいたら季節のお花は開いてしまって、雪柳飛んですずらん花水木、ばら、ラベンダー、もうひまわり。春を感じず夏が来た。

https://www.instagram.com/p/Bhxw2vtDE26/

講師に伺った先で、ARGのときにお世話になった方にお会いした。別の方には、原研の新しい方に会えて嬉しいと言っていただいた。私は自分と組織の来歴のなかにいて、そのサイクルを私自身がつくっていくのだなと感じた。まさに、ご縁。そもそも今の仕事だってつないでいただいて就いたものだ。ありがたい。

専門図書館は、特に、かもしれない。
何もかも自分たちで行わなければならず、相談できる方が少なく、横のつながりが(あまり強く)なく、情報もコミュニティも自分で取りに行かなければ入ってこない。孤独を感じることもある。けれど同業者さんとお話しすると、悩みや疑問、課題は共通していて、私たちは実は1人じゃないのだなあと思える。もっと出かけてつながっていきたい。なんて、思う機会が何度かあった*1

そんなこんなで結構ぼろぼろなんだけど、同級生な先輩と、今年は楽しいことしよう、図書館の将来を考えて計画にしようと話し提案している。2人だけじゃなく、課の人とも切迫感と閉塞感を共有して一緒にやりましょうと言い合えるようになれた。とても嬉しい。とりかかりに定期勉強会を企画した。まあ、そして異動って言われたけれども。


ビジネス書くらいで読んだといえるほど読んでおらず。
ジャッカ・ドフニとカクレキリシタンを読んで、そういえば私は宗教的な文脈で人の使う言葉やその考え方はどう変わるのか、みたいなことに興味があったなあ、と思いだした。

自死という生き方 (双葉新書)

自死という生き方 (双葉新書)


(文字にしたらなんだか危ない人だなと思った、けど、書いておく)
職場での話し方がはすっぱになっている。態度もすれている。もとの自分でないような、演じているような気持ちがするのだけれど、どうしたらわたしだったわたしに戻れるのかわからない。昨年頃からそんな心持ちが続いていて、これではいけないと思っている。慣れていき怖いと思わなくなる、麻痺していくこわさもある。高校教員のときに、落ち着いて 肩の力を抜いて 無駄のない所作で と言っていただいたことを、なんだか、思い出す。


あと40数%の今年を、覚えてないと言わないで済むように過ごしたい。少しでも自分を取り戻せるといい。
できることをかんがえて、がんがんいこう。

*1:アピールについては図書館総合展運営委員会・ブレインテック社関さんご担当の取り組みに参加しています。繋がる企画に感謝。CiNii 論文 -  専門図書館のアピールは"スイミー作戦"で (特集 図書館をアピールする)

CORROSIONの販売方針変更

2018年からCORROSION(NACE International)の販売方針が変更された。
購読年数によってアクセス可能な範囲が定められる。1年契約だとカレントのコンテンツにしかアクセスできない。2年契約すると1990年以降がアクセス可。

購読年 価格 アクセス範囲
1year Online Only USD800, Print+Online USD1,140 12 Annual Issues
2year Online Only USD1,520, Print+Online USD2,165 12 Annual Issues, Historical Content to 1990

http://corrosionjournal.org/page/subscribe?code=nace-prem-site


購読機関への事前の通知はなかったと思う(見落としたかと震えて探した。みつからない。うちだけ…?)。
代理店さん曰く価格表やagreementへの記載もなかったとのこと。
現時点で確認できるウェブページは上記の記載となっている。

勤務先は通常どおり1年契約なので、継続購読していた分のバックファイルすらアクセスできなくなってしまった。post-cancellation accessどころではない。

契約開始時に最新号へのアクセスは確認していたのだけれど、過去分までは見ておらず。恥ずかしながら、アクセスエラーのクレームを受け、代理店さんに問合せをして発覚した。
バックファイルの販売方針も代理店さんを通じて照会しているのだけれど待てども回答未着、販売しても1989年以前なのではという予想をしている。こんなことする版元さんだからPrint購入が堅実なのかしらなどと逆行したことを相談したり。
2年契約だと3会計年度に亘るため調整が難しい。2019年の購読こまったなあと思っている。

発覚以来長いこと、なんでなん、なんでそんなことするん? あかんやん? て気持ちを抱えている。
CORROSIONを購読する機関は多くないのかもしれないけれど、購読している図書館さんがいらしたらどうなさるか尋ねてみたい。

2018/6/21追記
NDL所蔵あり。
ERDB-JPではヒットせず。
CiNii Booksで「継続中」となっているのは4館。

  • 大阪大学附属図書館 理工学図書館:PrintとOnline(1945-)
  • 九州大学附属図書館 伊都図書館:Print2016、OnlineはNACE(1945-)とProQuest(1996/12-)
  • 大阪産業技術研究所 和泉センター図書室:1952-2006、継続していないかも
  • 東京工業大学附属図書館:Print、Onlineはリンクリゾルバで確認できず

九州大学さんを見ると、大学はNACEからの購入でないって可能性もあるのかな、と。
国立国会図書館オンライン Corrosion 冊子体
国立国会図書館オンライン Corrosion オンライン
CiNii 雑誌 - Corrosion

2018/10/7追記
7月、異動の直前直後に契約や配分部署と2か年契約のお約束をどうにかとりつけた。
今は1年契約でも1945年~アクセス可能になっているよう。これも通知なし。ほんと、安心できない。

購読年 価格 アクセス範囲
1year Online Only USD800, Print+Online USD1,140(U.S.), USD1,140(International) 12 Annual Issues, Historical Content to 1945
2year Online Only USD1,520, Print+Online USD1,900(U.S.), USD2,165(International) 12 Annual Issues, Historical Content to 1990

http://corrosionjournal.org/page/subscribe?code=nace-prem-site