読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第18回 #図書館総合展 のふりかえり

www.libraryfair.jp

もやもやしていたのだけれど、ふわっとでも言葉にできるところはしようと思って。
1日目と2日目に参加しました。

11/8(火)1日目

分野を超えた知の連携~IIIFとLinked Dataで進化するデータの利活用~ | 図書館総合展

後藤先生の。もつ、とはどういうことだろうとか可能性とか、所蔵機関の責任や公開ってどうなるんだろうとか。
大学では古くて貴重でなかなか見られないものが専門だったので、仕組みと基盤を変えることで研究の方法論が変化する、過渡期にいるんだなあと思うと背筋がぞわっとします。

研究者が図書館に求める支援とは ─Web of ScienceとEndNoteによる研究者支援 | 図書館総合展

結局シンプルなんだな、というのが感想。有賀先生の話を伺っていてランガナタンを思い出しました。
それよりなによりNIMSのライブラリアンさんのパワーを感じます。技術とかサービスだけではなく、研究者にここで講演をしてもらうという信頼や関係性に。

メタデータ☆ナイト | Peatix

濃かった。こわくて、@argさんにメッセージしたくらい濃かった。。もちろんとても勉強になりました。とってつけたようですがほんとです。
それぞれの業務をもちながら、より高次の事柄を考える・組み立てる・実現する、それもしたから。というのに圧倒されていました。
久しぶりにさくらWORKS<関内>に行けたのも嬉しかったです。

11/9(水)2日目

NACSIS-CAT/ILLと電子リソース:2020年の学術情報システム | 図書館総合展

ID……(遠い目)。5月くらいのNIIのフォーラムと比べて大きな進展は見受けられないような。2020年は通過点である、紙と電子とそれぞれのリソースを共同で適切に今に合うように管理を、というのが心に残りました。

リポジトリの未来を考える:オープンサイエンス時代の到来を迎えて | 図書館総合展

個々の報告は興味深く聞いたのですが、全体としては謎の残るようなまとめのわからない感覚があります。機関リポジトリの意義と役割の再評価というか、日本での位置づけは転換しつつあるのかな、と感じました。OPACや機関リポジトリについて自己評価していかなければならないのですが、この点でとても印象深いです。
事例報告のなかではOISTさんのお話をもう少し聞きたかったな、と思いました。

出展

「こんなにあります!あなたも使える専門図書館」でご紹介した専門図書館一覧(リンク集) | 図書館総合展

出展というほど大げさでもないのですが、所属機関も専門図書館紹介コーナーに参加させていただきました。
ステキな企画。普段はそれほど表に出てこない、いろいろな特徴をもつ専門図書館の存在を知ってもらい、いいところが伝われば、と思います。
フライヤーを置かせていただけるとのことで、デザインから始めて配達日指定できるギリギリに郵便局に駆け込み発送。職場に戻りながら、そういえば3年前はARGのフライヤーつくってたんだなあ、と懐かしくなったりしていました。

感想

今回は業務として出張させていただきました。研究機関の"図書館"業務担当者として、大学図書館や他の研究機関の動向を見るように、というのが出張のテーマ。国立大学図書館やNIIの方々が国としてどうすべきかを考えていらっしゃるのを拝見しながら、取り残されていくこわさみたいなものを感じたりしました。

という業務もありながら、随分不義理してしまった方々にお会いしたりお話したり、気遣っていただいたりして、とても元気をいただきました。全国にいろんな立場でいろんなことをしてらっしゃる方々がいて、やっぱり苦しかったり楽しかったりしながら何事かを続けているんだな、私はひとりじゃないんだな、と感じたり。ちょっとくたびれていた気持ちが励まされました。
ARGと図書館総合展運営委員会の皆様にお会いするとやっぱり帰ってきたな、横浜に来たなって気持ちになります。佐藤委員長ともお話できてよかったです(なんかまた心配していただいちゃった)。ARGブースはやっぱり安心できました。若手が2人もいて、うわあなんか違うはなやか! って思ったりもしましたがw もう少しお話できればよかったな。また関内に行かねば。

メタデータ☆ナイトの錚々たる出席者を眺めながら、図書館総合展に合わせて年に一度、いろんな人が横浜近辺で集まって(ワルプルギスの夜みたい…)旧交を温めたり議論したりそこから何か生まれたりしていくんだろうと想像していました。それってすごいこと。
そして、メタデータ☆ナイトが図書館総合展事務局後援というのも喜ばしく思っていました。参加者・出展者側の企画が持ち込まれていること、とても活発な会だったこと。酒宴や集会は多々あれど、事務局公認で常にオープンなのは大交流会くらいなのではないかな(違ったらすみません)と思います。この活発な図書館総合展の昼夜がもっと開かれていれば・可視化されればいいのに、と思ったりするのです。がんがん事務局に後援とっちゃえ! みたいな。
この気持ちは私が地域開催の企画担当だったからかもしれません。地域にスポットを当てて地域の人に出てもらいたい、フォーラムがきっかけで地域の図書館活動に注目されたら嬉しいな、という。だから、図書館総合展で発表してプレスリリースだとか、図書館総合展によせてイベント、会議、あれこれを聞くと個人的には嬉しくなります。


今回、色々な方にお目にかかれたのですが。衝撃の再会! だったのが、高校教員のときの生徒さんがポスターセッションのために参加していたことでした。私が国語総合教えてたあの子が司書課程に進んで、いま図書館総合展にいる、という驚きと嬉しさ。彼女は頑張り屋さんで元気のよい、とても好もしい生徒でした。だから余計に。私が彼女と過ごした時間は短くて何ができたわけでもなくて、それでも彼女の現在につながれたような気がしました。退職した罪悪感が消えることはないのだけれど、救われました。
ああよかったうれしい、と思えた瞬間でした。感謝しています。


図書館に関われるようになってから、図書館総合展は出展するためのイベントでした。今年は情報を得る・学ぶ立場での参加。いつか、伝える側にたちたいと思います。

年のはじめに思うこと(2016年)

もう2月もおわりなのに年のはじめもないのですが、書いては消ししていたことを留めておくことにします。

年齢は節目、就職1年目継続中、体制としてもがんばりどき。

知識と経験を埋めながら、ここで何ができるのかを考えること。そして、誰のために仕事をするのか、どこを見るのか、も。政策や計画を見て、でもその向かう先は、人なんだというのを振り返ること。
などと考えていました。

今は耕す時期だと思っています。なんでもやってみて、先に繋いでいきたいです。
目標というか、意識する(している)ことはこれら。
  • 基本的だけれど、この組織で働くということ、の知識と経験を積む。これからしたいことを見つけて実現できるように
  • テーマを見つけて発表なり、何かアウトプットを。……ブログ書けって言われそうですが。。
  • フットワーク軽く、いろんな関わりをする。そして他者からもそう見えるように
  • 知財関連の資格を取る
  • 語学!
  • ひとりだち。やりきる
生活やメンタルをなるべく波立たせず、穏やかにそうっと過ごしたいと思っています。暮らせなきゃ、きっと長く仕事だってできないだろうし。丁寧に暮らすこと。こもらずそとにでること。何か趣味を見つけたいな。体を動かしたりもしたいです。
10年来の友人たちには「もっと好き嫌いをはっきりさせていい、考えすぎ、わがままでいいんよ」って言われてるので、一応これも。あとはく…くるまのうんてんかなあ(小声)。

というかんじで。
ありがとう・うれしい・すき、を大切に、律してやっていきます。

2015年、ふりかえって、おじぎを。

仕事をするということ、を考えていた年だったように思います。

何より大きいのは転職で、就職先と移住が一度に決まって、めまぐるしい夏の終わりでした。たくさん試験を受けて、ずっとはないちもんめで名前を呼ばれない子どもみたいだったのだけれど(あのころってそういうのが深刻だったりしませんか)周りの方々に手をひいていただけたおかげだな、と思います。ほんとありがたい。

1月
MOOCと図書館総合展と産学連携のおしごと。
ARGの慰安旅行で岡山県瀬戸内市へ。ずっとみたかった牛窓の海を眺める。「晴れの国おかやま」なのにずっとしぶしぶしたお天気だった。愛生園で神谷美恵子の手紙を見た。よれよれな仕事のすき間にお芝居。
木ノ下歌舞伎『黒塚』

2月
gaccoのMeet Upを開き、ケータリングをほめてもらった。よれよれ継続中ながら、東京をぐるぐる歩いたりした。

3月
MOOCと産学連携がようやく開催される月。gaccoのMeet Up再び。吐血の人にいただいたコメントがありがたかった。図書館総合展2015 フォーラム in 一関。ほかに、DEIMや学生向けハッカソンの開催もサポート。お芝居はあけぼの座で「Equal」。このころまでよく泣いて、怒ってた。
図書館総合展2015 地域フォーラムの開催予定 | 図書館総合展
DEIM2015 BoFセッション
赤星マサノリ×坂口修一 二人芝居

4月
神戸出張して地域のお話を聞く。ARGの合宿で鎌倉へ。話して、考えた。

5月
産学連携のお仕事。会社の人に転職をサポートしていただく。
ABCDEFGH - FUKAIPRODUCE羽衣 公式サイト

6月
ダイトケン大阪支部の例会でMOOCのお話を。呼んでいただいて話すのは初めてだった。
声をかけていただいてNII学術情報基盤オープンフォーラム2015、初日しか行けなかったけど楽しかった。学会で近くにいらした@toru_tattaさんとようやくお会いする。
大阪支部6月例会のお知らせ - 大図研大阪支部ブログ
gacco × 図書館の可能性:ARG社によるgaccoの図書館導入
Amazon.co.jp: 構想力を育む国語教育: 竜田 徹: 本

7月
物事を組み立てる、そうしたくなるように「つくる」こと、というのが課題だなあと思う。
初めて、プロのバンドのライブに。楽しかった。毎年夏には今までしたことがなかったことをいっこすることにしてる。
indigo la End、新体制初ツアー「ナツヨのマジック」渋谷公会堂で終幕 - 音楽ナタリー

8月
カフェと図書館の調査。福岡出張。福岡市美術館「肉筆浮世絵の世界」など。
試験を受けて、結果をいただく。面接でコミュニケーションとは、仕事への向き合い方、6月のNIIオープンフォーラムを聞いたときに考えていたこと、なんかを話した気がする。 id:kitoneさんには感謝しかありません。ありがと。
ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)の最新号 | Fujisan.co.jpの雑誌・定期購読

9月
移住と引継ぎと残務整理。ARGの皆様に1冊ずつ本を贈っていただいた。大事に読んでます。友人と伊勢神宮に参拝して、ひたすらに仕事と暮らすことの話をしてた。

10月
移住してお仕事スタート。行く前より入ってからの方が不安が大きい。ともあれスタート。お仕事暗記帳は毎日書くだけでいっぱいいっぱいに。

11月
中旬から、担当させてもらえた案件が始動。仕事は楽しまなきゃだめだし、「これということ」なんて入職早々見つからないんだから焦らないこと、と管理職に言われた。そういうことを話せるように、少しなった。
王子小劇場に行きたくて、行きの電車で見られるお芝居を探してすべりこみ。パワフルだった。
X-QUEST 2015年11月公演『義経ギャラクシー〜銀河鉄道と五条大橋の999〜』

12月
ようやくまわりが飲みこめてきて、慌ただしさも手伝って少し緊張がほぐれてきた。ここで何ができるのか、今何が必要なのか、というのを考えないとと思う。
INFOPRO2015でお会いしたかった方と大先輩にお目にかかった。別の機会に図書館総合展のお話を聞いたりして、とても励まされた。弱っていても踏み込む、ひよっちゃだめなんだ、と。
関西の友人たちとクリスマス会。友人の「日常」に入れてもらったりもする。帰省の移動中に平野啓一郎の「分人」三部作読了。私はこの考え方が結構すき。


春までは複数社の関わる事業をどうまとめて成果を出すか、ということを考えていました。目的と背景の多様な組織が折り合いをつけ、目標を定め、駆け抜けるにはどうするか。そのために何をすべきか。組織から出ているのは、ただの、人でもあり。そこでどう振る舞っていけるのかと。
同時に、仕事を教える・委託することもしようとしていました。これは諸事情で棚上げとなったのだけれど、業務における教育や仕事を分け与えること、伝えることの勉強になりました。信頼しないと任せられないし、任せるには伝えないといけないし、伝えるためには言葉と頭を尽くさないといけないし。反省も多いです。
ちょうど秋から転職し、教え与えてもらう立場になって一層、思います。

春から夏はいくつも受験。見通しが立たなくて、自分にとって仕事ってなんだろう、どうやって生きていきたいだろう、みたいなことを繰り返し考えていました。

そんなふうに、仕事をするということとは、な日々を過ごした年だったなあと思います。

じょーちょふあんてーなのをましにしようと、3つポジティブなことを書き出してから寝る、というのを続けました。今日、あったいいこと3つ(仕事以外)。チョコミントのアイスがおいしい、祖父から昔の話を聞いた、とか他愛無いことばっかりで、もうちょっと頑張れ自分と思うこともあるけど、まあいいやということにします。
年のはじめに思うこと(2015年) - まだ書きさしの
ここで書いた、ありがとう・うれしい・すきはためらいなく言えた気がします。仕事の面じゃない自分も大事にして、拡張を。


ここ3年でいろんな方にお目にかかって、ひとことに励ましていただいたなあと思います。ご本人は覚えていらっしゃらないようなときもあるようですけれど。
有難いです。それ以上に言えることはないので、きちんとそれを覚えて暮らして、私も誰かに返していけるように、と思います。
ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。


f:id:ivory_rene:20150925072829j:plain
壮行会でいただいた本とメモとチョコ。後日ぬか床もいただいた。