読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年のはじめに思うこと。

日常

昨晩は振り返りだいじ、ということをしみじみ思っていました。ということで、はじめにも書いてみようかと。


・あきらめないこと
図書館と教育の近くにいたい、と思っています。それをあきらめないこと。くじけないこと。
細かいところに落とし込むと多々あるのですが、まあ概ねこれだけ。

・生活すること
仕事を始めると仕事だけして、生活を放り投げるきらいがあるので。
ここまで仕事、ここからプライベート、という切り分けができなくて、前職のときも今も課題です。でも、お茶を飲むように情報チェックしたり、お出かけの一足伸ばして図書館見学したり、ケーキとコーヒーとそれから勉強という休日だったり、そういうことが自然にできるくらいに好きで浸れる関係でありたいなあ、とも思います。
かつ、きちんと衣食住を楽しめるようになりたいです。
幸田文が好きなので、今年はもう少し読みかえそう。

・記録すること
そして、「日常」「忙しさ」という言葉で私がいつも見失ってしまうものごと(含む自分自身)を、少しなりとも留めて刻んでおくことを、丁寧にしたいと思っています。2013年はできなかった、この日記を続けること、日録をつけること。それが生活を丁寧にすることにも繋がるのかなあ、と。


茫洋としたことを書いていますが。
自分を見失わないようにして、これまでに感謝し、これからを楽しんでいきたいです。出会いと、だいじに思っている方をだいじに。人にも自分にも誠実、真摯でありたいと思っています。



……そして、うっかりぼんやりあたふたぴよぴよする回数と、ぐじゅぐじゅ泣く回数を減らすのです。“女子力”つけて、大人になります。それできっと迷惑かける数も減るはずです。今年もがんばろ。

いつもありがとうございます。改めまして、よろしくお願いします。



追記:2014年1月4日(土)

この後読みかえすかもしれないので、記録しておきます。
生徒から年賀状をいただきました。
1年生、2年生と担当した子。成績はさておき、とってもいい子で、真面目で一生懸命な子。かわいかった。辞めて2回目のお正月なのに、連絡先なんて削除すればいいのに忘れないでいてくれるんだなあ、とありがたく。そして、国語の教員を目指すそうです。進学先も決まってるそうです。めでたい。
報告だとか抱負の最後に、「先生も頑張って下さい。」って書いてあって、最後の一行だからその部分だけ字が大きくて、とっても彼らしいと思った後になんか嬉しくて泣けました。ぐじゅぐじゅめそめそ泣いて、ああ、どこかしら繋がっていくんだ、頑張ろう、と思いました。