読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常

年のはじめに思うこと(2017年)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。 年末年始は甥っ子とともに、それなりに翻弄されてすごしました。大人だけのお正月は落ち着きと慣れがあって居心地いいけれど、子どものくれるエネルギーや無条件の信頼、笑顔は代えがたいなあと思います。高校教員の…

2016年、ふりかえって、おじぎを。

ぐるぐるまごまごぴよぴよ(いつもだけど)して、助けていただいた一年でした。 春に直上の上司が出向して業務がスライドしてからは、できますもできませんも言えなくて、上司にも同僚にも他部局の人にもただただ、なんとかしますがんばりますと言っていまし…

年のはじめに思うこと(2016年)

もう2月もおわりなのに年のはじめもないのですが、書いては消ししていたことを留めておくことにします。年齢は節目、就職1年目継続中、体制としてもがんばりどき。知識と経験を埋めながら、ここで何ができるのかを考えること。そして、誰のために仕事をする…

2015年、ふりかえって、おじぎを。

仕事をするということ、を考えていた年だったように思います。何より大きいのは転職で、就職先と移住が一度に決まって、めまぐるしい夏の終わりでした。たくさん試験を受けて、ずっとはないちもんめで名前を呼ばれない子どもみたいだったのだけれど(あのこ…

転職のご報告

転職が叶いました、というご報告です。9月末をもってARGから離れ、10月からは研究機関の図書館で勤務させていただいています。 お世話になった方、ウェブを介してお知り合いになった方、お目にかかった方、みなさまに御礼申し上げます。引き続きご指導賜れま…

平和首長会議のポスター展を見ました。

先日、Facebookで知人が自分の「ヒロシマ」体験を投稿していたのに触発されて。 近くの図書館で平和首長会議が資料提供する「ヒロシマ・ナガサキ被爆の実相等に関するポスター展」を見て思い出したこといろいろ、です。学生時代を広島県で過ごしました。 学…

うっかりすっかり忘れていたこと。

思い出したので、ふわっとしたひとりごとです。忘れないように書いておこう。どうして教員になったのか、どうして図書館や大学にこだわるのか、なぜこの会社なんですか、という問いをいただきます。少しずつ表現を変えて、色々とがんばってがんばって答えて…

年のはじめに思うこと(2015年)

松の内なぞとうに過ぎ、はや節分がまいります。1月は気が付いたら行ってしまいました。もう十年くらい、年が変わるころはいつも「去年今年貫く棒の如きもの」を思い出します。 変わらない自分を保たねばならないと思ったり、改めてしまえればいいのにと思っ…

2014年、ふりかえって、おじぎを。

停滞と全速力を交互に。なにもできていない、積めていない気持ちがとてもあります。 とはいえ、初めてのことをたくさんして初めての方にたくさんお会いしていて、これまでになく忙しかったのだと思います。1月 聞きに行った調査研究報告会「公共図書館におけ…

年のはじめに思うこと。

昨晩は振り返りだいじ、ということをしみじみ思っていました。ということで、はじめにも書いてみようかと。 ・あきらめないこと 図書館と教育の近くにいたい、と思っています。それをあきらめないこと。くじけないこと。 細かいところに落とし込むと多々ある…

2013年、ふりかえって、おじぎを。

変わったような、そうでもないような。ご縁で転がった年、でした。変わったこと。 ぐるぐる悩んだ後、某社でお仕事をいただくことになりました。10月からは横浜に出てみました。 正直なところ、喜びややりがいの前に、必死というふた文字が立ちはだかってま…

薬局に行きたくない理由を考えていました。

正確には、処方されたお薬をひきとりに行きたくないなー、と思っています。どうしてなのか気付きました。薬剤師さんとお話をしたくないから。おしゃべりをするわけじゃないんです。ドラッグストアの入口にある調剤薬局で、名前を呼ばれて、症状を確かめて貰…

本になる前の、本について。

ひと月ほど前からKindleで読む、を試しています。 黒田夏子『abさんご』が電子書籍になっていて、ミーハーな心がくすぐられたので買ってみました。お値段は900円、ただし、該当作品のみ。単行本は他に「毬」「タミエの花」「虹」の三作品が採録されています…

鎌倉で博物館など。

友人に誘われて、鎌倉へ行きました。ちょうど、「鎌倉の世界遺産登録をめざす3館連携特別展」として神奈川県立歴史博物館の「再発見!鎌倉の中世」展(10/6~12/2)、および鎌倉国宝館の「古都鎌倉と武家文化」展(10/20~12/2)が開催中。観光もですが(観…

学生の氏名を広報に使うことについて。

予備校や学校のパンフレットに溢れるのが合格体験記です。思い出すことがあるので、メモしておきます。 頼まれて、合格体験記を書いたことがあります。合格大学と学部、氏名と作文です。出身高校の学内報だけでなく、折込チラシになって周辺地域に頒布されて…

とあるせんせいのいちにちの記録。

昨年度を振り返って、どうやって生活していたんだろう、とふと思いました。 ひとこと、シゴトです。せんせいのおしごとは、授業と担任だけではありません。 私は教育に関する事務(だからきょうむ:大学だと事務職員さんの担当領域)のなかで時間割と視聴覚…