読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第18回 #図書館総合展 のふりかえり

www.libraryfair.jpもやもやしていたのだけれど、ふわっとでも言葉にできるところはしようと思って。 1日目と2日目に参加しました。 11/8(火)1日目 分野を超えた知の連携~IIIFとLinked Dataで進化するデータの利活用~ | 図書館総合展 後藤先生の。もつ、…

平成27年度生駒市職員採用試験・事務職(図書館司書)を受験していました。

相変わらず会社に報告して受験しています。ありがたいことです。 今年度は担当変更があって図書館系のイベント参加は少ないのですが、図書館も産学連携もお仕事いただいています。引き続きよろしくお願いいたします。ということで受験記録です。生駒市といえ…

図書館 × 婚活の7館

追記:長崎市立図書館も実施を発表したので、8館めに加えました(2015年7月9日) 図書館と恋っていうと「耳をすませば」もですけれど、「図書室の海」「麦の海に沈む果実」を思い出したりします。 以前に別の調べ物をしていくつか見つけていて、恵庭の記事を…

明日の県立図書館フォーラム2015「どこにも2つの図書館」に行きました。

参加記録と感想です。三重県立図書館は2011年4月に「明日の県立図書館~三重県立図書館改革実行計画~」を策定しています。これは2011年からの4か年計画。 三重県立図書館/明日の県立図書館 毎年当該年度の1月に成果報告といった位置づけのフォーラムが企画…

メモ:研究者の経歴と業績を調べたい

10月頃からぐるぐるしていたことを記録。経歴と業績だとアプローチに違いがありますが、もう同列に扱ってしまいます。業績とは、論文発表、口頭発表、受賞、競争的資金獲得、その他諸々何でもを指します。レファ協には以下の事例があって、リンク集が1(1番…

鶴舞図書館で「名古屋市南図書館伊勢湾台風資料室展」を見ました。

先日、名古屋市鶴舞中央図書館で<名古屋市南図書館伊勢湾台風資料室展「伝えたい、濁流が残した記録」>を拝見しました。 今年は伊勢湾台風から55年、なのだそうです。 名古屋市南図書館伊勢湾台風資料室展「伝えたい、濁流が残した記録」≪開催期間:7月19…

平成26年度大阪府職員採用選考(司書職)を受験していました。

私をご存じの方もおそらくご覧になるので、先に申し上げます。 拙いものではございますが、仕事はどれも真剣にさせていただいております。感謝とともに、憚りながら楽しくも感じております。試験を受けていてもよそを向いている訳ではない、とお心にお留めお…

松阪市・図書館改革の様子

平成26年(2014年)7月号の「広報まつさか」では図書館の特集が組まれています。 広報まつさか 平成26年7月号(No.115) | 松阪市 表紙は親子の読み聞かせの様子です。特集のタイトルは「図書館が変わる 人が変わる まちが変わる 明日を変える」で、これまで…

2014年7月11日(金)「図書館総合展フォーラム2014 in 新潟」の案内

図書館総合展の運営協力委員をさせていただいていること、フォーラムに関わらせていただいていることから、引き続きご紹介を。2014年の地方開催としては、これが最後となりました。次は2015年。早いなあ。公式ページはこちらです。 2014年7月11日(金)、図…

お礼:図書館総合展フォーラム2014 in 岡山の開催

先日案内を書いた「図書館総合展フォーラム2014 in 岡山」は無事閉会しました。公式ページでの閉会お礼には、当日の資料とTogetter、Ustream(アーカイブあり)へのリンクがあります。ご覧ください。 2014年5月18日(日)、図書館総合展フォーラム2014 in 岡…

映画図書館に行きました。

CA-Rの記事を見てから一度行きたいと思っており、1月末に広島に出かけた際に覗いてきました。今更書いてるのは、ばたばたして忘れてたから、です。これらの記事を読めば粗方がわかるのですが。 広島の百貨店「福屋」の八丁堀本店10階に、映画図書館がオープ…

京都府教育委員会事務局職員(司書)を受験していました。(平成25年度)

とりあえず、今年も受験してみました。結果はだめでしたが、これを書くところまでが公立図書館受験の終了だと思って書いてみます。 昨年の記録はこちら。 平成25年度京都府教育委員会事務局職員(司書)募集のお知らせ|京都府教育庁(2014年1月16日) ・受…

ぼんやり思う図書館とイベントのこと。

備忘録、な内容です。 2013年5月27日(月)に図書館総合展フォーラム2013 in 伊勢が開催されました。お手伝いグループ「チーム伊勢うどん」で当日ちょこっとお手伝いさせていただいたり、バスツアーに関わらせていただいたりしていました。そのときぼんやり…

大阪府職員採用(司書職)を受験していました。

平成25年度大阪府職員採用選考案内(司書職)の案内 とりあえず、忘れないうちに(もうおぼろげですが)メモ。 受付期間:平成25年5月20日(月)午前10時から6月4日午後6時まで 第1次選考:6月23日(日) 第1次合格発表予定:7月18日(木) 第2次選考:7月26…

NDCビンゴをしてみました。

図書館総合展フォーラム 2013 in 伊勢 のバスツアーでガイドをさせて戴きました。 移動中、何かレクを……と考え、NDCでビンゴをすることに。 資料の背ラベルにある分類でビンゴをする企画ならばたくさんあるのですが(下記)、これはビンゴをする人が分類して…

見学に行くとき、気になること。

図書館など、施設に出かけるときに気になることがいくつかあります。最近たくさん見学させて戴く機会があったので、メモ。 音。 パンプスを履くことが多いからかもしれませんが、床はこつこついうか。音を吸うのか拡散するのか。天井は高いのか低いのか。話…

京都府教育委員会事務局職員(司書)を受験していました。

京都府・採用試験実施の案内 一次でだめだったのですが、過日成績開示をしてきたのでメモ。 受付期間:2013年1月11日(金)~1月25日(金) 第1次試験日:2月9日(土) 採用予定日:平成25年4月1日 この情報の公開が2013年1月11日だったように思います。慌た…

ダ・ヴィンチでみつけた“図書館”ふたつ。

特集が「本を贈る」で「走れ! トロイカ学習帳」のお出かけ先が図書館でした。「本好きなあの人が大事な人に贈りたい一冊」[*1]の中に、こんな贈りたい一冊が。 米沢穂信 さんから 本が好きで、司書資格の取得を考えているという、知人の子へ 3万冊の本を救…

おじーちゃん、どのくらい図書館に行くの?

父方の祖父(87)と母方の祖母(72)が健在です。祖母はコーラスにジムに写経にとあちこちでかけて楽しそうにしています。祖父は、耳が遠くて年相応に弱ってきているもののまだ達者。畑仕事と料理、読書が趣味です。この間、祖父と図書館の話をしました。忘…

秋の図書館▲イベント体験 プチシェア会!に参加しました。

お出かけしてまいりました。トサケン@名古屋さんの主催です。 これは、イベントに参加した方たちからの事例報告を聞き、その内容をシェアしようというもの。 紹介事例はこのような。 ▲図書館員の自分ブランディング検定(トサケン@総合展) ▲ライブラリー…

国立国会図書館 関西館 展示「関西の図書館100年、関西館の10年」にゆきました。

国立国会図書館関西館で開かれている展示「関西の図書館100年、関西館の10年」に出かけました。カレントアウェアネス・ポータルに「E1343 - 記念展示会「関西の図書館100年,関西館の10年」を企画して」という記事もでていたもの。 1時間半くらいずーっと居…

本と教室と動線のこと。

教員であった(と過去形を使うのにまだ慣れません)頃、教室のレイアウト[*1]を観察するのがすきでした。 おもしろいと思った教室には当然ながら手をかけてあります。進学に力を入れているところは、ロッカーに貸出問題集[*2]と計算用紙箱を設置したり。ハン…

新学習指導要領・小学校国語教科書と図書館

学校図書館を活用するという朝日新聞の記事を読みました。「学校図書館、授業に活用」http://www.asahi.com/edu/news/TKY201207150140.html というもの。 記事には、 図書館教育への関心は高まっている。小学校の国語教科書の約6割のシェアを持つ光村図書出…

クロダトモノリさん特別講義@皇學館大学

皇學館大学の教員、岡野裕行さんが担当なさっている「情報サービス概説」を聴講させて戴きました。この 6/27 はゲスト講師・クロダトモノリさんによる特別講義です。 ■クロダさんの紹介 まずはカーリル*1のwebデザイン担当!カーリルの目に見えるものは全部…

高校生へのオススメ本の紹介や声かけ  高校生に読書を勧めない理由 に続けて。

以前、高校生に読書を勧めない理由という日記を書きました。 そのときは「読書は、高校生の成績に直結しません。学力向上のために読書を勧めるのは、指導として寧ろ不親切です。」でも「オススメ本の紹介や図書館利用についての声かけは随時行っています。」…

Open Access文献を使うとき

いつもの前置きです。こんな状況。 6年居ついた大学を離れ、地方の高校で教員をしています。最寄りの公共図書館へのアクセスは徒歩3分。本はたくさん借りているけれど蔵書は物足りない。県立図書館との連携サービスが充実しているのはわかっていますけれど、…

MLA名刺交換会@京都に参加しました。

お出かけしてまいりました。 本イベントは博物館(Museum)・図書館(Library)・文書館(Archives)にお勤めの方のほか、MLAに関連するさまざまな業界の人たちによる新年度最初の顔合わせの機会です。新しく関西地区にお越しになった方々を皆で歓迎し、ご挨…

三重県立図書館のフォーラムに出かけてきました。その2 対談を長々と書いてみた。

こちらもあくまでivory_reneのメモできる範囲の記録です。 (2) 対談「3.11から未来へ」;書けるだけ書いてみましたがっつりメモ版 鷲田氏 いいお天気なのにこんなに暗い所に*1来て下さってありがとうございます。津波という言葉はここ津からきているようで何…

三重県立図書館のフォーラムに出かけてきました。

2012年1月9日に三重県立図書館によって主宰されたもので、『明日の県立図書館フォーラム2012「3.11から未来へ」』と題されています。 (1) 三重県立図書館改革実行計画 平成23年度報告 館長挨拶と報告 一昨年から県立図書課としてどうあればいいのか、県立ら…

三重県立図書館シンポジウム・感想

まず、どのような立ち位置とイメージを持って参加したか、です。 図書館員志望ですが、私は現在三重の私立高校で国語の講師をしています。市立図書館はよく使い、県立からのILLなどを利用してもいます。ですので、図書館員志望として、一県民として、県立図…

三重県立図書館シンポジウム「明日の県立図書館−図書館の新しい可能性と全県域へのサービスについて考える−」メモ

1月8日に開催された三重県立図書館シンポジウム「明日の県立図書館−図書館の新しい可能性と全県域へのサービスについて考える−」*1に参加してきました。 この記事はその内容を書きとったものです。断片的なメモですので、発言者の口調やニュアンスは伝えき…